ldlスマホ用メニューオープン
ldlスマホ用メニュークローズ
開催地:東京

Men’s Cooking lab vol.4
《春の俺弁》

※一部イメージ写真が含まれている場合がございます。

講座タイプWORKSHOP lab
開催日程2016年3月26日(土)15:00-17:00
開催場所avex life design lab 
対象20歳以上 男性
定員9名
参加費5,000円(税抜)
教材費 2,000円(税抜)
特典・お弁当箱付
・1ドリンク付 (2杯目以降は1ドリンク500円)

紹介

シリーズ第4弾「春の俺弁」開催!

「エコ」・「健康」・「節約」の三拍子のお弁当。今”弁当男子”が増えています!!!

職場に、ご家族に、大切な人に…はたまたお花見に。
あなたも自分で作ったお弁当を持って、周りをあっと驚かせてみませんか?


「Men’s Cooking lab」は、パパでもある『菜園料理家 藤田承紀』を講師に迎え、月1回様々なテーマに合わせて、美味しくて簡単、満足感があるのにヘルシー!
その上料理のメカニズムや科学、雑学まできちんと学べる、体感式な男性のための本格派料理講座です。

料理初心者も大歓迎!
きちんと一から丁寧にレクチャーするので、その場だけでなく自宅でもできるようになります!

この春からあなたも”弁当男子”になりませんか?

内容

「3月のテーマ」
今回は旬の春野菜を使った手軽で簡単!しかもボリュームのあるお弁当メニューを作ります。
嬉しいお弁当箱付き☆

■1品目: フリッタータ
「フリット(揚げる)」が語源で、オリーブオイルでしっかりと焼き色をつけるのが特徴の卵料理。
肉、魚介類、チーズ、野菜、パスタ等、入れる具材は自由なのがフリッタータの良い所です。
今回は春野菜と玉ねぎを使います。

■2品目:ステークアッシュ
包丁で細かく叩いた肉を丸めて焼いた、ステークアッシュ!
見た目はハンバーグなのですが、食感はまるで別物。
繋ぎは一切入らず、肉と塩、スパイスのみで作ります。
肉の味を楽しめるワイルドな料理です!

■3品目:トスカーナポテトフライ
ハーブの香りをつけ、じっくりと揚げるトスカーナポテトフライ。
皮ごと低温から時間をかけて揚げるので、
じゃがいもの甘さが最大限に引き出されます。
香りと甘さと食感を楽しめる究極のフライドポテト!

《持ち物》
エプロンは各自お持ちください。
《備考》
お弁当をお持ち帰りされる際は、お客様の自己責任になりますので、予めご了承ください。
お弁当箱の大きさはW18.5×D8×H5になります。持ち帰ることができるような、カバンをお持ちください。

講師

藤田 承紀
藤田 承紀

1982年、千葉県生まれ。イタリアでの料理修業後、帰国。料理教室を主宰する傍ら、自然栽培、有機栽培で年間130種を越える野菜作りを実践中。現在、南青山のレストラン「I・K・U青山」のシェフ。

プロダンサー時代、自身の怪我やレッスン生の子供達の食生活の乱れを目の当たりにした経験をきっかけに、料理家に転身。
週刊女性、dancyu、LEON、東京カレンダー、レタスクラブ、UOMO等の雑誌掲載や、NHKひるまえほっと、Nスタ、L4YOU出演等、メディアで活動しながら、「食卓に笑顔を」をモットーに、家庭でも簡単にできる野菜たっぷりの菜園イタリアンを提案。
書籍には「野菜のチップス 果実のチップス」(文化出版局)、「野菜のスープ」(主婦と生活社)がある。

「I・K・U青山」プロデューサー、シェフ
Elle a table料理業界人フードバトル2009グランドチャンピオン
アメリカ大使館内菜園管理人
服部栄養専門学校特別講師
東京ガスライフバル北料理教室講師
船橋農産物供給センター顧問料理人
avex dancemasterインストラクター

メディア掲載情報

https://4yuuu.com/articles/view/125255

Men’s Cooking lab vol.4
《春の俺弁》

関連講座

新しいことに挑戦したい
  • WORKSHOP lab

    移転前に絶対いきたい!

  • WORKSHOP lab

    KAMAKURA WEEKEND

  • SEASON lab

    和楽器バンド いぶくろ聖志プロデュース

  • SEASON lab

    和楽器バンド神永大輔プロデュース

  • SEASON lab

    〜和菓子に想いを込めて〜

  • WORKSHOP lab

    海を愛するタモリの日本一楽しい TAMORI CUP 2016

  • WORKSHOP lab

    この夏やみつき!

  • WORKSHOP lab

    Men’s Cooking lab “夏!男のバーベキュー編”